image
Logo

タクティカルシティ:パブリックスペース活用から実験都市に向けて

2020 年、竹芝は、竹芝地区開発計画の完成、東京オリンピック・パラリンピックの開催などにより、大きく変化します。
今、その時に向けて、地域内外の人々が手を携え、アイディアと実践を通じて、竹芝発の新たなライフスタイル、新たな価値を創造・発信する場と機会を、エリアマネジメント活動の中で生み出そうと考えています。
第3回目となる今回は、竹芝のブランディングを目指し、竹芝通り、旧芝離宮恩賜庭園、竹芝ふ頭などの公共空間利活用の可能性と、具体的な実践の観点から、私たちに何ができるのかについて語るトークイベントを開催します。

TALK SESSION

Pic
泉山 塁威
タクティカル・アーバニスト/ソトノバ編集長
東京大学先端科学技術研究センター助教

博士(工学)/認定准都市プランナー/1984年札幌市生まれ/明治大学大学院理工学研究科建築学専攻博士後期課程修了。エリアマネジメントやパブリックスペース利活用及び規制緩和制度、社会実験やアクティビティ調査、タクティカル・アーバニズムの研究及び実践に関わり、主なPJとして、池袋駅東口グリーン大通りオープンカフェ社会実験などを手がける。
主な受賞に、「黒石市こみせ再生提案競技・保存修理部門―現存する「こみせ」による歴史的町並みのストリートマネジメント― 優秀賞」/著書に「 市民が関わるパブリックスペースデザイン-姫路市における市民・行政・専門家の創造的連携-」(共著、エクスナレッジ、2015年)がある。

Pic
松井 明洋
メディアサーフコミュニケーションズ(株)
取締役社長

Farmer’s Market@UNUやCOMMUNE 2nd.などの運営に加え、NORAHやBOWS AND ARROWS、CRAFT BAKERIES、TRUE PORTLANDなどの自社出版物を発行し、様々な企業のクリエイティブワークを行うMEDIA SURF COMMUNICATIONS INC. 所属。世界中を周り、何が都市を魅力的にするのか、ということを探求し続けている。mediasurf.co.jp

Pic
岩本 唯史
株式会社水辺総研
代表

株式会社水辺総研代表取締役/RaasDESIGN一級建築士事務所代表/河川の利活用活性化プロジェクト「ミズベリングプロジェクト」ディレクター/水辺荘共同発起人/水辺の建築家協会副会長
建築家。リノベーションや建築設計の傍ら、全国の水辺の魅力を創出する活動を行い、国交省のミズベリングプロジェクトのディレクターを務めるほか、豊田市、和歌山市、鉄道事業者の開発案件の水辺、エリアマネジメント組織などの水辺利活用のコンサルテーションを行い全国を飛び回っている。横浜の水辺を使いこなすための会員組織、「水辺荘」の運営をしている。竹芝地区では、浜離宮側の水面(汐留川)の使いこなしの社会実験プロジェクト「ミズベリング竹芝」事務局を務める。

Pic
西山 芽衣
株式会社マイキー
生活実験家

1989年、群馬県生まれ。千葉大学建築学科卒業後、企画プロデュースを行う(株)北山創造研究所に入社。まちづくりなどに携わる中で、西千葉という街で「HELLO GARDEN」「西千葉工作室」を企画・立ち上げを行う。プロジェクトを企画するだけでなく、運営にも関わりたいと思い、2014年同社を退社。西千葉に密着で企画・研究を行う(株)マイキーに入社。西千葉に暮らしながら「HELLO GARDEN」「西千葉工作室」の運営を行う傍ら、各地のまちづくりプロジェクトのアドバイザーとしても活動。

PROGRAM


イントロダクション

クロストーク
  • ● 竹芝(東京湾岸)の各パブリックスペースをどのように捉えているか?
  • ● パブリックスペースの魅力を、貴方はどのように引き立たせるとよいと考えるか?
  • ● その実現のために、貴方はどのようなプロセスが必要と考えるか?
グラフィックレコーディング
<by Graphic Catalyst Biotope>

まとめ

※プログラムは変更の可能性がございます。

お申し込み

 当イベントは終了しました。
多くの方々にご参加いただき、ありがとうございました。

満員御礼